燐酸アルマイト(燐酸法陽極酸化皮膜)



燐酸アルマイトはアルミニウムを燐酸水溶液中で陽極酸化することにより得られる皮膜です。

この皮膜は、航空機のアルミ構造材料の接着前処理として利用されています。

鍍金や塗装の下地処理として利用することも可能です。

また、二次電解により、カラフルな着色を得る方法の他、機能性皮膜として研究されています。


この皮膜は、孔径が大きく、絵に描いたように垂直に伸びるポーラスが特徴であり、水和反応を起こさないため、陽極酸化皮膜の特徴である多孔質を有効に利用出来ます。

塗装及び接着前処理として、非常に有効な皮膜です。

耐アルカリ性に優れ、やや不透明な白灰色の外観を呈します。




理研アルマイト工業株式会社