エッチング(接着前処理)


接着前処理として、評価を得ているのが酸エッチングです。 

完全に脱脂された表面と、酸エッチングによるアルミニウム表面の微細な凹凸により、樹脂との強力な密着性が得られます。

引っ張り試験において、陽極酸化処理及び化成皮膜処理の場合は、接着界面の剥離より先に皮膜破壊が生じるのに対し、酸エッチングは、アルミニウムと樹脂間に介在物が無いため、引っ張り試験強度が高いと思われます。

反面、腐蝕環境下での使用は、接着強度が低下する場合があるため、腐蝕環境下での使用用途には、燐酸陽極酸化皮膜、またはその他の陽極酸化皮膜や化成皮膜処理の方が適しています。

当社では、硫酸とクロム酸の混合処理液を用いる、PFLエッチングと言う方法を実施しています。


アルミニウム合金の接着でお困りの方は、当社営業二課にご相談下さい。












理研アルマイト工業株式会社