高周波焼入れ加工


表面は硬く、内部は素材の調質そのままで使用したい場合に有効な熱処理です。
品質が安定した信頼性の高い高周波焼入れ加工は、自動車部品、歯車など、機械部品各種に採用されています。
 充実した品質管理で、安定した品質を提供致します。

破壊検査により、焼入れパターンの確認と硬度検査を実施しています。
製品の品質確保のためには、破壊検査用サンプルが必要です。

焼入れ部製品外径φ4〜φ17 
焼入れ長さ300mmまで
焼入れ深さ1.5mmまで

当社の高周波焼き入れの熱処理設備

◎高周波発振機 50kW−200kHz X 2基、40kW−200kHz X 1基、30kW−400kHz X 1基

◎焼入れ機  6基

◎低温焼戻し炉(900X1600X1350mm:実効700X900X1400)) 1基

◎高温焼戻し炉 1基  

※焼入れ深さ、硬度は材質により異なりますので、、当社営業三課にお問い合わせ下さい。



理研アルマイト工業株式会社